「時計じかけのオレンジ」を観た。

TSUTAYAで名作が100円だったので「時計じかけのオレンジ」を借りて観た。

恥ずかしながら、キューブリックの作品は初めて。
レンタルビデオ屋でバイトしてたこともあるのだけど、それほど映画観てないのです。

結論から言うと、素晴らしすぎる作品だった。
1972年公開の映画とは思えないモダンな映像で、
風刺に満ちたストーリーと、演技の素晴らしさ、音楽、展開、カット、全てで刺激されまくりでした。
マルコム・マクダウェルの言葉を借りるなら、ブリリアント!
今まで観た映画の中で確実に5本の指に入る。

特典映像で、主人公アレックス役のマルコム・マクダウェルが35年前の当時を振り返った解説が入ってたのだけど、
気軽に再生してみたら、本編まるごと(2時間以上)垂れ流しで解説してるの。
その解説が秀逸で、もう一回復習しちゃった感じ。

何て表現したらいいのか分からないけど、最近こういう映画無いよなーって思った。

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク