EMMA HOUSE 17 買った&聴いた。

個人的に楽しみにしてたクリスマスプレゼント、「EMMA HOUSE 17」を買って聴いてる。
数回聴いて感想を語るのは野暮なのだけど、最近のEMMA HOUSEは渋いと思う。
よく言えば近代的。
クラブカルチャーが衰退してるのもあると思うけど。

最近めっきりフロアに行かないのでわかんないのだけど、
やっぱり現場で聞いてなんぼだと思う。CDとは全然違うはず。実際全然違うの。

Flauta Magica / Mark Knight & Funkagenda は現場でもよく回してるみたい。
Youtubeで気になってた曲が入っててうれしい。

すごくEMMA HOUSEっぽい曲。

meditation / tomomi ukumori が前評判どおり、一番の山場。
フロアで掛けてるバージョンとは違うみたいだけど。
テンション上がる。
現場で聴いてみたい。
Born Slippyといい、いい仕事してますね、tomomi ukumori。

クラブカルチャーが衰退してるとか、音楽業界に元気がないとかいうのは、やっぱり僕自身感じていてすごく淋しい。
これは僕が歳をとったせいではなくて、今のカルチャーの多様化みたいなことでそうなってるのだと思う。
さみしいけど仕方がない。

ということで、またフロアに足を運びたいな。
EMMAさん、いつまでもDJ続けてください。

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク