海外でスマホを使うならMiFiレンタルが便利

先日台湾に行ったときに旅先の移動中でもiPhoneを使いたいなぁと思って、グローバルデータのMiFiのレンタルをしてみました。
MiFiは現地の3G回線をWi-Fiに変換してくれるモバイルルーターです。

料金は僕がレンタルしたとき(2011年12月)は1,280円/日だったのですが、今は680円/日になってる!安い!!(台湾などのアジアの場合)
僕はバッテリーが心配だったので予備バッテリーも借りました。105円/日です。
それに別途、受取料金として525円がかかります。
キャリアの海外パケホーダイだと最大2,980円/日(Softbank)かかってしまうので、かなり節約できますし、2人以上でMiFiを共有して使えば更に節約できます。

受け取りは簡単で、当日空港の指定のカウンターに行って名前を告げてサインをする程度です。返却も同様ですね。

実際に現地で使ってみたら、電波状況はかなり良くて快適でした。
台湾はMRTが地下鉄になっている路線もあるのですが、地下鉄の駅間でも3G回線がつながりました。
電車に乗ってる間にお店の情報を調べたりとかできたので、かなり重宝しました。

下の画像が実際にMRT台北車站の駅のホーム(地下)で実際に計測したベンチマークです。

平均で1.7Mbpsも出てるので、かなり快適でした。
電波が途切れてイライラするなんてことも特になかったです。

ちなみに海外でiPhoneをWi-Fiのみで使う場合は「機内モード」をONにしましょう。海外ローミングの料金が発生しなくなります。

というわけで、今後も海外に行くときはMiFiレンタルすると思います。

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Mark より:

    iPhoneを機内モードにしてしまうと、GPSが作動しなくなってしまうので、
    (http://support.apple.com/kb/HT1355?viewlocale=ja_JP )
    設定→一般→ネットワークの「モバイルデータ通信」をオフにすれば、
    パケット通信はしない状態でGPSを機能させることはできますよ。
    通話は有効なので、電話がかかってきた場合は着信料はかかりますが。