多摩川の河口まで自転車で行ってみた

多摩川河口から羽田空港

先日、ふと多摩川の河口まで自転車で行ってみようと思って行ってみました。多摩川の河口には羽田空港があります。同時に2機離陸したりするんですね。ぼーっと飛行機が離陸していく風景を見るのはいいもんですね。


行きは川崎側(右岸)を走行。途中、サイクリングロードとも言えない砂利道や草むらっぽいところも通りつつ、多摩川河口までは少し休憩しつつ1時間半から2時間ぐらいかかりました。自転車はいわゆるママチャリ(3段ギヤあり)です。川崎側のサイクリングロードはあまり整備されてない所もあって結構難易度高いです。

川崎河港水門
途中にあった川崎河港水門。上のオブジェは往時の川崎の名産だった梨・葡萄・桃をモチーフにした装飾になっているそうです。ちょっぴりドラクエっぽい感じもします。

途中でウェイクサーフィンをやっているのを目撃しました。ボートに引っ張られてやるサーフィンです。動画を撮ったのでお暇な方は見てください。お金持ちの道楽という感じですね。気持ち良さそう。

多摩川河口行き止まり
川崎側サイクリングロードの行き止まりはこんな風になっています。小屋がぽつんとあって、釣り人が釣りをしたりしていたり、犬の散歩をしている人がいたりします。
近所のパン屋さんで買って持ってきたパンをむさぼりつつ、しばらく飛行機が次々と飛び立つのを眺めていました。

大師橋
途中で通った大師橋。大師ジャンクション近くの産業道路に架かっている斜張橋です。自転車で渡ってみました。

帰りは東京側(左岸)を走行してみました。東京側の方がサイクリングロードが整備されていて砂利道も無く、断然走りやすかったです。
帰りは1時間ほどで自宅近くまで帰ってこれました。

初めて河口まで自転車で行ってみたのですが、ウェイクボードしている人、釣り人、散歩している人、サイクリングしている人、家族連れなど、思い思いに多摩川を楽しんでいる人がいて、多摩川って懐の深い川だなーと改めて思いました。数時間自転車を漕いだのでかなりいい運動になりました。運動不足解消にちょうどよかったです。また気が向いたら今度は逆方向にでも河川敷をサイクリングしてみたいと思います。

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク