[シンガポール] 328カトンラクサ

329カトン・ラクサ外観
シンガポールのローカルフード(プラナカン料理)、ラクサを食べに328カトン・ラクサに行ってみました。
328カトン・ラクサは最寄りのパヤ・レバ駅から徒歩30分ぐらいあるのでタクシーでいくのがよいです。タクシーに乗ったら「日本からきたの?辛いの好きなの?」と少し興味津々にドライバーさんに話しかけられました。

329カトン・ラクサ
ラクサ!一番小さいSサイズを頼みました。4.5$(約360円)。海外で食事を頼むときは小さめを頼むのが吉。ラクサはココナッツミルクにチリペーストのスープで辛さの中にまろやかさのある絶妙な味わいのスープなのです。麺は太めの米麺です。具材はエビ、かまぼこ、アサリっぽい貝、香草など。香草ちょっと苦手だけど。でも複雑な味わいでおいしかったー!蒸し暑くて、食べてたら汗も結構出たけど、それもまたよし。

スリ・センパガ・ヴィヤナガー寺院 / Sri Senpaga Vinayaga Temple
ラクサを食べたら少し散策。すぐ近くにヒンドゥー教の寺院があります(スリ・センパガ・ヴィヤナガー寺院 / Sri Senpaga Vinayaga Temple)。入らなかったですけど。

ラクサは結構マイナーなシンガポールフードかなーと思いますが、一度食べてみるべしです。おいしかったです。

▼リンク
328カトン・ラクサ | シンガポールナビ

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク