シューグーで靴のかかとを修理してみた

シューグー(ShoeGoo)

数年前に購入したカンペールの靴が気に入っていてずっと履いているのですが、さすがに靴底が擦れて減ってきたのでシューグー(ShooGoo)で補修してみることにしました。よくあるMr.ミニットみたいなところでやってもらってもよかったのですが、自分でやった方が安上がりかなと思ってやってみました。シューグーは1200円ぐらいです。

履き古しのカンペールの靴
対象の靴はこんな感じのカンペールの靴。もう4,5年履いてる気がします。結構いろいろ痛んでますね。

靴底が擦れたのカンペールの靴
靴底はこんな感じで踵の部分(特に外側)と、親指と土踏まずの間の出っ張ってるところ(内側足根小球と言うらしいです)が特に減っていて、ここを重点的に補修することにしました。

シューグーで補修した靴底
シューグーを2回重ね塗りしました。まずは靴底を濡れ布巾でよく拭いて乾かし、付属のヤスリで少し削ってくっつきをよくして、延ばす棒で延ばしながら塗ります。色は靴底に合わせてナチュラル色(透明)にしました。

シューグーで補修したかかと部分
かかと部分のアップ。一回塗って丸一日ぐらい乾燥させてというのを2回やりました。

シューグーで補修した靴底
内側足根小球部分のアップ。こちらは少しだけ。

シューグーで補修したかかと2
後ろ側から見てもほとんど違和感無くできました。
歩いてみると始めは若干違和感あるんですが、すぐ慣れます。

自分で擦り減った踵をよみがえらせることができるので、とてもいいのですが、一ヶ月ぐらい経過すると補修した部分がだいたい擦り減ってしまって、また補修する前の状態に戻ってしまいました。
効果が一ヶ月ぐらいしか続かないのであれば、手間を考えると費用対効果的にはあんまりよくないかなーと思います。月一ぐらいで塗り直す手間を惜しまなければ安上がりだと思います。
でもこの靴底の感じでも街の補修屋さんでうまくやってくれるんですかねー?今度はお店に持っていってみようかと思います。

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク