Macで「項目”***”が使用中なため、操作は完了できません。」と出るときの対処法

項目○○が使用中なため、操作は完了できません。

我が家では写真の保存などの用途でバッファローのNASを使っていますが、MacのOS X Marverics (10.9)で複数のファイルをNASにコピーしようとすると、途中で上記のような「項目”***”が使用中なため、操作は完了できません。」というエラーが出て、途中で止まってしまい、すごく困っていました。
何度も何度も途中からコピーし直す必要があるため、イライラしてしまっていましたが、最近ようやくこの問題が解決したので、対処法をメモとして残しておこうと思います。

やり方は「Finder」→「移動」→「サーバーへ接続」で「サーバーアドレス:」のところで「afp://(NASのIPアドレス)」で接続するだけです。今までは「smb://」で接続していました。

AFPでNASに接続

するといくらファイルをコピーしてもエラーが出ないようになりました。すばらしい!
afp://の後ろはNASのホスト名ではなく、IPアドレスの方がいいようです。IPアドレスはBuffalloだとNAS Nabigator2で表示されます。
「cifs://」で接続するとうまくいくという情報もあったのですが、僕が試してみた限りでは同じエラーがでて解決できませんでした。

afpで接続出来ない場合はNAS側でAFPを許可していないことが考えられます。
バッファローのNASの場合は以下のようにAFPの設定をONにします。

まずNAS Navigator2からNASのWeb設定を開きます。

Buffalo NAS Web設定

「ネットワーク」の「AFP」のところをクリックして「AFP」を「使用する」にチェックを入れて「保存」を押します。これでAFPが有効になります。

Buffalo AFP設定

afpだと転送速度が遅いという話もあるようでしたが、僕が使用してみた限りでは全然遅いということは感じなかったです。
何よりエラーが出ずに一気に大量のファイルをコピーできるのがすばらしい。普通のことなんですけどね。

もし同じような症状でお困りの方は試してみてください。

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク