ピロリ菌の除菌治療をしました

ランサップ800

今年の健康診断でピロリ菌の検査をしてもらい、血中ピロリ菌抗体陽性の判定が出てしまいました。
ピロリ菌は慢性胃炎、胃潰瘍、胃がん因子のひとつということなので除菌治療することにしました。

医師と面談をしてランサップ800という薬を処方されました。朝と夜に一日2回、7日間飲みます。
このランサップ800を飲むとお腹がゆるくなるので、整腸剤としてビオフェルミンR錠も一緒に飲みます。
前半の3,4日はお腹がゆるくなりましたが、後半3,4日は気にならなくなりました。
ランサップ服用中はアルコール(お酒)の摂取は特に制限されていないのですが、お酒を飲むと成功率が下がるという話を見たのでお酒は我慢して飲みませんでした。
この一次除菌療法に失敗すると、二次除菌療法としてもう一度別の薬を飲んで検査を受けなくてはならないので、成功率が上がるように気を使いました。

薬を飲み終わってから4週間以上経ってからピロリ菌が除菌されてるかどうかの検査を受けます。
検査方法はいくつかあるようですが、今回は尿素呼気試験という検査を受けました。これは始めに息を採取して、検査用の薬を飲んだ後20分程経過した後、また息を採取して、前後の尿素の変化量を見てピロリ菌に感染しているかどうかを調べるものです。
他にも検査方法はいろいろあるようです。

検査を受ける前に抗生物質や胃薬などを飲むと検査結果に影響があるということで飲んではダメだそうです。
検査時に言われて、うっかり10日前ぐらいにお腹の調子が悪くてイノセアを飲んだのを思い出しました。言わなかったけど。どうなんでしょう。

そして検査した結果、尿素の変化量は0.1%で、ピロリ菌は除菌されたと判定されました。
めでたし、めでたし!
胃薬を飲んでしまったことが若干あやしくはありますが、大丈夫かなw。

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク