ビルバオからイビサへ

ビルバオを堪能した後はイビサに飛びました!
イビサは学生の頃から行きたかった場所。
なんか大人になって行くのは不思議な感覚でもあります。

ビルバオ空港内部
ビルバオ空港内部。
サンディアゴ・カラトラバさんの設計のメインターミナルです。「世界の美しい空港」という本にも掲載されたアーチ構造が素敵な空港。
外から見てもかっこいいのですが、外観の写真は撮るのを忘れてしまいました。
自然光をふんだんに取り入れた設計で、朝の時間は薄暗かったのですがそれはそれで省エネでいいかなーと思いました。

ビルバオ空港電光掲示板
電光掲示板もオールドスタイルでステキです。このデザインはなかなか出来ないですよねー。

ビルバオ空港のカフェ
空港のカフェで朝食を摂りました。
若干北欧っぽい感じもありますね。なんだか。

ビルバオ空港のカフェで朝食
甘ったるいデニッシュとコーヒー。

ブエリング航空
ビルバオからイビサへは再びブエリング(Vueling)航空で。

Vueling遅延?
そして電光掲示板には再び「DELAYED(遅延)」の文字が…。
若干不安になりつつも、少しの遅延で飛んでくれました。
ビルバオの空港ではTシャツと料理本をお土産で買いました。

イビサ島が見えてきた!
イビサ島が見えてきた!
ワクワク!

イビサ空港のBaggage Claim
イビサ空港に降り立つとバッゲージクレイムには早くもクラブパチャ(Pacha)の広告がいっぱい。
パーティアイランドへの気分が高まります。

イビサ空港外観
イビサ空港を出たところ。リゾート感あります。
ネットで予約してたレンタカーを目指します。
格安レンタカーだったので駐車場でピックアップしてもらって事務所へ。

イビサのAviciiの看板
レンタカーを走らせるとすぐにAviciiの看板。
ウシュアイアのレギュラーパーティーの広告です。
イビサはクラブの広告がそこかしこにあって、開放的な雰囲気が漂っています。
不慣れな海外レンタカーの運転に苦戦しつつも気分は高まります。

次記事に続く…。

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク