ウォンバットのヒロキくんに会いにいってきた

ウォンバットヒロキのおうち

横浜の金沢動物園にウォンバットのヒロキくんがいるというのを最近知って、さっそく会いにいってきました。
金沢動物園までは金沢文庫駅からバスで10分です。
コモンウォンバットのヒロキくんは現在なんと29歳。
世界でもかなりのご長寿ウォンバットだと思います。
非公式のTwitterアカウント(@wombachow)もあったりして、最近じわじわとSNS界隈で話題になってるっぽいですね。

園内に入るとまずはアフリカ区があって、サイやキリン、オカピなどがいます。
アフリカ区は最後にまた見れるのでそこそこにして、ウォンバットのいるオセアニア区へすたすた坂道を登っていきます。

ウォンバットのヒロキ、後ろ向いてる

ヒロキくん、いました!
朝ごはんの時間だったようです。もぐもぐ…後ろ向いてる。

ウォンバットのヒロキ、こっち向いた

違う方向からパシャり!こっち向いてくれました!

ウォンバットのヒロキ、もぐもぐ

むしゃむしゃ…ご飯食べるのに夢中です。

ウォンバットのヒロキ、むしゃむしゃ

もぐもぐ、かわええ。
ただ動いてるだけでかわいいですね。

結構な時間、ウォンバットひろきくんを堪能して、次はコアラゾーンへ。

うとうとコアラ

コアラさんたちは朝は眠いみたいで、みんなウトウトと寝てました。
人間みたいに首をカクンカクンして眠りに落ちていたので可愛かったです。
お昼頃が活動が活発になるらしいのでまた後で来てみることに。

オオカンガルー

つづいてカンガルーゾーン。
すごいたくさんいます。
みんな思い思いの動きで楽しいです。

オオカンガルーの親子

お腹の袋に赤ちゃんを入れているお母さんカンガルーがいました。(見えにくいかな?)

インド象のボンくんとヨーコさん

他にも動物がたくさんいて紹介しきれないのでかいつまんで。

ユーラシア区にインドゾウのボンくんとヨーコさんがいるのですが、お昼頃に通りかかったらちょうどお勉強の時間でした。
足をあげて足の裏をチェックしたり、お座りしたり、ゴロンと横になって体のいろいろなところをチェックしてもらったり、非常にお利口さんでした。
ボンくんの牙はとても立派でちょっと感動しました。

シロテナガザル

シロテテナガザル。
こうやって指をくわえるポーズをたまにします。
そして、びよーんびよーんと木から木へ移動します。見てて楽しいです。

ヒロキくんお昼寝中

そして、お昼過ぎにまたウォンバットのヒロキくんのところへ来てみると、お昼寝中でした。
すやすやと気持ちよさそうですがまったく動かないので、朝のうちに動くヒロキくんを見ておいてよかったなと思いました。
ヒロキくん狙いの方は朝のうちが狙い目だと思います。

コアラさん見張り番

コアラさんのところへ行ってみると今度はコアラさんが活動しだした様子。
この子は見張り番のように木の上で何かを監視している様子。

スタスタ歩くコアラさん

このコアラさんはスタスタと木から木へ歩いていました。
こんなに活動的なコアラを見たのは初めてかも。

オカピ

一通りかわいい動物を堪能して、お昼ご飯に買ってきたサンドイッチを食べて一休み。
ふたたびアフリカ区に戻ってきてオカピちゃん。
足だけシマウマみたいな不思議なやつです。

ランチは一応動物園を出たところにちょっとしたレストランがあるのですが、できればお弁当を持っていった方がいいですね。再入場可なんですが面倒ですものね。
レストランにお土産ショップも併設なのですが、ウォンバットのぬいぐるみとかウォンバット関連のグッズは一切ありませんでした。ちょっと期待してたので残念!
たぶんウォンバットのぬいぐるみあったら売れると思うんだけど、ニッチなのかもねー。

今回カメラはコンデジ(SONY RX100)だったのですが、一眼持って来ればよかったなぁと思いました。
トリミングもしてみたんだけど、画質がイマイチだったので載せるのやめました。
もう少し望遠のレンズ欲しいなと思ってしまいました。

金沢動物園は、けっこう通好みな動物たちがいて、すごく面白かったです。
ひとつだけ心残りは動物園のとなりに公園があってすごく長いローラー滑り台があって、帰りにやってみようと思ってたのだけどすっかり忘れて帰ってきてしまったことです。
ウォンバットのヒロキくんはだいぶ長生きしてますが、この先いつ見れなくなってしまうかも分からないので会いに行けてよかったです。
また会いに行きたいな。

▼リンク
横浜市立金沢動物園 | トップページ

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク