ランカウイからリペ島への行き方

ランカウイからリペ島へのフェリー

日本からタイのリペ島までの行き方は、マレーシアのクアラルンプール経由でランカウイまで飛行機で行き、ランカウイで一泊して翌朝のフェリーでリペ島へ向かうのがおすすめの行程です。
他にタイ側から行く方法もあるようですが、少し面倒そうです。

僕は以下のような行程で行きました。
・エアアジアX D7 529便 (10:00 成田 → 16:25 クアラルンプール)
・エアアジア AK6314便 (18:55 クアラルンプール → 19:55 ランカウイ)
・ランカウイで一泊 (センチュリーフォーポインツリゾート 旧シェラトンリゾート ランカウイ)
・フェリー (9:30 ランカウイ → 10:00 リペ島)

いつも飛行機のチケットの検索は「スカイスキャナー」を使ってます。

ランカウイで一泊するなら「Century Four Points Resort(旧 Sheraton Langkawi Beach Resort)」がおすすめです。
ランカウイ空港とテラガハーバーの間にあるので便利です。

フェリーのチケットは以下のサイトから予約できます。
http://telaga-terminal.com/
1日2便あります。年によっても違うみたいですが運行は10月下旬から5月末ぐらいまでです。
予約しなくてももしかしたら乗れるかもしれませんが、予約した方が安心です。
予約したチケットはプリントアウトしておきましょう。

■ランカウイからリペ島

テラガターミナル事務所
ランカウイのフェリー乗り場はテラガターミナル(Telaga Terminal)という場所にあります。
タクシーに言えば分かると思います。この青い建物が受付になります。
出発の1時間前ぐらいには着いていた方が安心です。
写真の左側のところに受付があります。

野生の猿
近くに野生の猿がいたりします。

港の看板猫?
事務所にネコちゃんもいました。

フェリー受付
こちらが受付。
プリントアウトしておいたチケットを見せると、出国と入国申請のような紙を渡されるので記入してパスポートと一緒に渡します。
15分ぐらい待っていたら名前を呼ばれて、船のチケットをもらえます。
こちらで出国手続が完了したのかと思ったのですが、違っていたことに後から気づきました。

フェリー乗り場
事務所のすぐ前がフェリー乗り場になっていて、船に乗り込もうとしたときパスポートをチェックされて、出国手続きしてないねと言われて、すぐにイミグレ行って来いと言われました。
出国手続きはすでに受付の時点で済んでいたと思っていたのですが、別途やらなければならなかったようです。

ランカウイのイミグレ
イミグレーションはこちらの黄色い建物。
フェリーの事務所から歩いて3分ぐらいでしょうか。ガソリンスタンドの向こう側にあります。
マレーシアのイミグレでは指紋を取られます。
急いで出国手続を済ませて船へと乗り込みました。
船に乗るときにパスポートを預けます。若干不安ですがリペ島で返してもらえます。

リペ島の船着場
1時間ほどでリペ島の船着場に到着。
けっこう揺れるので酔い止めを飲んでおいた方が安心です。
ここから小さなロングテールボートに乗り換えます。

ロングボートに乗り換え
順番にロングテールボートで砂浜まで乗せてってもらいます。
スーツケースも一緒に乗せてもらいます。

スーツケースは運んでくれる
リペ島に到着。
ロングテールボートから降りるときに海に入るのでサンダルを履いておきましょう。
砂浜にスーツケースと犬。不思議な光景です。
スーツケースは船のお兄さんが運んでくれました。

リペ島のイミグレーション
リペ島に着いたら、イミグレでまた入国手続が終わるのを待ちます。
待っていると名前を呼ばれてパスポートを返してもらえます。それで入国手続は完了です。
このイミグレはパタヤビーチの真ん中へんにあります。
僕はセレンディピティーリゾートというホテルに予約をしていて、どうやってホテルまで行けばいいのかなと思っていたら、たまたま系列の「Idyllic」の人が迎えに来ていたので聞いてみました。そしたら電話してくれてホテルの人が迎えにきてくれて無事にホテルまでバイクで送迎してもらえました。

■リペ島からランカウイ

リペ島からランカウイのチケット
リペ島からランカウイへ戻るときも基本的には同じで、来るときにきたイミグレで出国手続を行います。
10時半発のフェリーだったのですが、8時半頃にはイミグレに到着。
10時過ぎにはロングテールボートに乗り込むので早めに到着しておいたほうが安心です。
パタヤビーチの「Cafe de Lipe」の隣のところです。
前日に隣の「Cafe de Lipe」でビールを飲んでWi-Fiのパスワードを教えてもらっていたので、待ってる間にそのWifiを使えて暇つぶしになりました。
パスポートとプリントアウトしたチケットを渡して待っていると、名前を呼ばれて船のチケットをもらえます。
パスポートは預けたままでランカウイで返してもらえます。

イミグレのかわいい女の子
イミグレにかわいい女の子がいました。

ロングボートに乗り込む
出発の時間になると呼ばれて、砂浜からロングテールボートに乗り込みます。
このときはスーツケースは自分で運ぶ感じだったので頑張って濡れないように運んで船に乗せました。

さようならリペ島
Goodbye、リペ島!

フェリー外観
帰りはロングテールボートから直接フェリーに乗り込みました。
約1時間ほどでランカウイのテラガハーバーに到着。
また黄色い建物まで行って入国手続をしてパスポートを返してもらいます。
タクシーがイミグレのところで待っていたので、タクシーでランカウイ空港まで行って空港でランチを食べて、エアアジアの15:20発AK6311便でクアラルンプールまで戻りました。

船で国境を超えるのは初めての経験だったので若干難易度が高かったですが、オンラインでチケットが買えたり、事前にネットで調べたりしてたので、特に問題ありませんでした。
リペ島は本当に海がきれいで楽しかったので、リペ島行きを検討してる方は是非チャレンジしてみてください。

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク