ランカウイ空港でプリペイドSIMカードを購入

CelcomのプリペイドSIMカード

海外旅行先のインターネット接続については今まで日本の空港でエクスコムグローバルなどのWi-Fiルーターを借りてたのですが、今回はマレーシア現地でプリペイドSIMカードを買うことにしました。
現地でSIMカードを買った方が非常に安いからです。

乗り継ぎのクアラルンプールで買おうかなとも思ったのですが、あれよあれよという間に乗り継ぎが進んでしまい結局ランカウイ空港に着いたときに購入することにしました。
ランカウイ空港に着いたのは夜の8時過ぎで空港内のお店は既に全て閉店している状態だったのですが、Celcomのお姉さんが小さいテーブルを出してSIMカードを販売していました。
そのあとで気付いたのですが空港の外でHotlinkのお店も同じく小さなテーブルを出して営業していました。
マレーシアはCelcomかHotlinkかっていう感じですね。

いくつかプランがあったのですが、一週間で800MB使用できる45リンギットのプランにしました。
日本円で1500円ぐらいなので日本でWi-Fiルーターを借りるよりはるかに安いです。

2人で使うのでファーウェイのWi-Fiルータ「E5776s-32」という機種を買って持っていきました。このWi-Fiルーターは日本のSIMは認証がなんたらとかで使えないのですが海外では問題なく使えます。
SIMカードのアクティベーションは店員のお姉さんがやってくれて、渡されたらすぐに使えました。
SIMの大きさも僕はノーマルで大丈夫だったのですが、microとかnanoとかの大きさにもカットしてくれると思います。

4G(LTE)も特に何の手続きも必要なく使えてランカウイでもそのあとのクアラルンプールでも、繋がらなくてイライラするということも特になく結構快適なインターネットライフを送れました。
懸念していたデータ容量ですが、2人で4日間使用しましたが800MBで足りなくなることもなく接続速度も問題なく快適でした。
ホテルのWi-Fiも出来るだけ使ったりしたのがよかったのだと思います。

現地SIMカード購入は若干難易度高いですが、安さ的にかなりメリットがあるので今後も海外行く時には積極的に使っていこうかなと思います。
マレーシアはクアラルンプール国際空港(KLIA)でも街中でもSIMカードを売っているので現地で買うのがおすすめです。

※追記
今やAmazonで事前に現地で使えるSIMカードを購入できるようですね。これは便利そうです。

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク