セララバアドで秋のメニューを堪能

まずはシャンパン

2回目のセララバアド(Celaravird)に行ってきました。
今回は秋のメニュー。まずはシャンパンで乾杯!

ドロ豚の生ハムとオリーブオイルボール
コース前に前回も頂いたドロ豚の生ハムとオリーブオイルのボール。
これが食べたくてコース開始前の時間にきました。

スパークリングマスカット
「スパークリングマスカット」
1品目はその名の通りシュワっとするマスカット。食感が楽しいです。

甲州FOS
今回飲み物はワインと日本酒を料理に合わせて選んでくれるペアリングのコースも用意されていたので、そちらのコースをお願いしました。4杯のコースです。
まず最初は「甲州F.O.S 2010 (ココ・ファーム・ワイナリー)」。
この色で白ワインです。渋みがあって深い味わいの白ワインでおいしかったです。

森の朝
「森の朝」
凍っている間に手でつまんで一口でと言われたのでパクッと口に運ぶとふわっと森の香りがしました。中身はアボカドとピスタチオ、オレンジジュースだそうです。

落葉の森
「落葉の朝」
豚がトリュフを探してるところです。トリュフは豚のコロッケ。ブドウは砂肝とフォアグラ。
食べ終わってケースに入っている木の中を見てみると、今日のメニューが書かれた紙が入っていました。はじめに今日のメニューが無いなーと思ってたので、粋なサプライズでした。

東洋美人
次は日本酒の「東洋美人」が出てきました。
ご飯ものがこのあと出てくるのでそれに合わせてとのこと。
すこし甘くてすっきりとした味わいで飲みやすかったです。

Heidi
「Heidi」
左は清水牧場のチーズ、右はキノコのスープ。スープにはヒバのオイルと鶏節が入っているそうです。かなりいいダシが出ていました。

どろ豚 栗
「どろ豚 栗」
どろ豚の頬肉、栗、チーズが入ったリゾット。
味わい深く優しい味でした。

Bourgogne
ここで赤ワイン。LU DUMONT(ルー・デュモン)のBOURGOGNE ROUGE 2012。
日本人がつくっているブルゴーニュワインだそうです。
少し軽めでした。

スモーク 野菜の涙
「スモーク 野菜の涙」
恒例の瞬間スモーク。瓶を開けると煙と共に香ばしい匂いが広がります。
帆立と茄子、野菜のスープが入っていました。

LA VALLADA
LA VALLADA VIÑAS DE SIERRA 2012
スペインのビオワインだそうです。品種はテンプラニーリョ。
少し渋みがある感じでした。

紀州鴨 リンゴ ベリー
「紀州鴨 リンゴ ベリー」
鴨のお肉が酸味のある甘いソースと良く合っていました。九条ネギがアクセント。
余白を大きくとる盛り付けは最近の流行りだそうで、確かにおしゃれです。

桃の日本酒とリンゴのアイスワイン
別メニューで桃を漬け込んだ日本酒とリンゴのアイスワインも頂いてみました。
かなり濃厚な味わいでした。

柿 マスカルポーネ どんぐり
「柿 マスカルポーネ どんぐり」
デザートでさっぱりお口直し。

トリュフ 栗 バラ ライチ オリーブオイル
「トリュフ 栗 バラ ライチ オリーブオイル」
デザート2品目。秋っぽい雰囲気。缶の容器も恒例でお客さんによって違う缶だったりするのですが、偶然にも前回と同じ缶でした。

これでコース終了。
前回同様、盛り付けや演出も楽しめて、もちろん全てがとてもおいしかったです。
ペアリングのお酒も少し珍しいお酒が出てきたりするのでよかったです。
また次回の予約もしてきちゃいました。
次回は冬のメニュー、楽しみです。

▼リンク
Restaurant セララバアド Celaravird

セララバアド – 代々木上原/西洋各国料理(その他) [食べログ]

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク