バルミューダGreenFan2の首振りが2回目の故障で新モデルに有償で交換してもらいました

GreenFan2首振り故障

バルミューダのおしゃれ扇風機GreenFan2(EGF-1100)ですが、2度目の首振り故障となりました。
↓前回の修理の経緯はこちらです。
GreenFan2の首振りが故障して動かなくなったので修理を依頼しました

一度修理してもらって調子良くなりましたが、また最近首振りがカクカクいうようになり、ついにはまったく首振りしなくなってしまいました。
おそらく室内干しの洗濯物を乾かすのに上向きの首振りを多用したのがよくなかったのかと思います。

サポートセンターに送付
サポートセンターに電話して状況を説明。
調査のため故障したグリーンファンを修理センターへ送付することになりました。
送付用の箱は送ってもらえます。

発送して3日後に電話が来て、原因はサブモーターの不具合とのこと。
修理するなら2100円だけど、最新モデルのグリーンファンジャパン(EGF-1500)に交換するなら半額の18,900円で新しいモデルに交換できますと言われました。
少し考えて、せっかくなので新しいモデルに交換することにしました。

新機種到着
はじめ、在庫がホワイト×ブラックしかないと言われました。
ホワイト×グレーがいいんですけどと言ったら、かなり渋られて1,2週間待てば大丈夫と言われてホワイト×グレーにしたんですが、結局3日後に商品が到着しました、
全然在庫あるやん。多分ブラックの方が売れてなくてプッシュしてきたんだろうなと推測。

インジケーターはオシャレに
新しいグリーンファンジャパンですが、かなり快適です。
主に室内干しの洗濯物を乾かすのに使ってるんですが、以前のものよりも首振りの動作が滑らかで静かな感じがします。
全体的なテクスチャーがマットになり、インジケーターのLEDは抑えめの発光、電源アダプターもスリムになって向きも自在に変えられるようになりました。
首振り部分もステンレスのポールがむき出しになり強くなった印象。

というかよく確認したら自分のところに来たのはEGF-1500という2014年モデルで、今は2015年モデルのEGF-1550というのが最新版らしい。
違いはファンガードの形状が少し改良されただけで、性能や機能に違いがないらしいです。それならまあよかったかな。でも一言いってくれてもよかったですね。

上向き角度は控えめに
グリーンファンジャパンの上向き角度はこれが最大です。首振りの不具合が多いので上向き角度を抑えてきたのかなと推測。上向きの最大角度は19度だそうです。
前モデルEGF-1100のマニュアルを見ると28度まで上げられたので、かなり抑えられてますね…。ちょっと残念。

新品交換はちょっと高くつきましたが、半額で新しいモデルの新品が手に入ったので良かったと思います。
現行モデルのグリーンファンジャパン(GreenFan Japan)は首振りも改善されていて壊れにくくなっているように感じます。
ただ上向き角度がやはり小さいので、室内干しの洗濯物を乾かす用途で使うにはちょっと不便になりました。

▼リンク
バルミューダ | GreenFan Japan(グリーンファンジャパン)| 自然界の風を再現する扇風機

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク