Carl Zeiss Touit 2.8/12を購入、作例あり

カールツァイスTouit 2.8/12外箱

どうも、まんまとレンズ沼にはまっているゆるくんです。
α6000用に2台目の単焦点レンズ「Carl Zeiss Touit 2.8/12 E-mount」を買ってしまいました。
焦点距離12mm f2.8 の単焦点広角レンズです。
キットレンズ以上の広角を使ってみたくて、せっかくなのでSONY純正ではなく、カールツァイスのいいやつにしてみました。
価格はα6000のダブルレンズキットが買えてしまうぐらいです。
SONY純正だとSEL16F28ウルトラワイドコンバーターを付けるという手がありますね。

Touit2.8/12の仰々しい箱

カールツァイスお決まりの仰々しい箱です。

α6000に装着

α6000に装着してみたところ。

Touit2.8/12を側面から見たところ

レンズフードを付けて横から見たところ。まあまあ大きいです。花形レンズフードはかっこいいですよね。

作例

適当に撮ったので作例を紹介します。
RAW現像後に縮小済みです。

作例1

作例2

作例3

作例4

作例5

作例6

作例7

作例8

かなりパースがつくので面白い写真が撮れます。画質は言わずもがな隅々までパキッとした写真が撮れます。
あんまり写真のバリエーションないですね…。広角は写り込むものが多いのでむずかしい。
建物全体を写したいときや、室内を広く写したいときなどにいいですね。
広角レンズがんがん使っていこうと思います。

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク