フーコック島のナイトマーケットに行ってみた

フーコック島の「ディンカウ」ナイトマーケット

フーコック島3日目の夜はナイトマーケットに行ってみました。
ディンカウ(Dinh Cau)ナイトマーケットというところで、Salinda Resortホテルからはタクシーで約10分、60,000ドンぐらいでした。

地元の人や観光客で賑わっています。

※追記:ディンカウナイトマーケットは2016年に閉鎖したようです。バクダン通りの方にナイトマーケットはあるようです。
参考リンク:フーコック島のディンカウナイトマーケットが閉鎖 | ベトナムナビ

フルーツ屋さん

マーケットの入り口付近にはフルーツ屋さんがあったり。

お菓子屋さん

お菓子屋さんがあったりします。
買わなかったけど、カラフルで見ているだけで楽しいですね。

ナイトマーケットのレストラン

つづいて、レストランエリアが広がります。
たくさんお店がありますが、ほぼ全てシーフードがメインのレストランですね。

魚介類がたくさん

ほとんどのお店が店頭に新鮮な魚介類がならべてあって、指差し注文でその場で焼いてもらったりします。

店頭の魚介類を選んで焼いてもらう

イカや貝類、エビ、シャコ、ウニ、魚類がたくさん並んでいます。
どれを注文するか迷ってしまいますね。

焼きウニ

ウニは焼いたウニと生のウニを2つずつ頼んでみました。
細かい注文にも対応してくれたのがよかったです。

こちらは焼いたウニ。
フーコックのウニは身が少ないですが、なかなかおいしいです。
ピーナッツは必ず乗ってきます。

生のウニ

こちらは生のウニ。
ライムをかけて食べます。

海老のグリル

エビのグリル。
素材の味を生かしたやつですね。

貝

貝を適当に2種類。

生春巻き

前日のリベンジで生春巻きも頼んでみました。
おいしかったんだけど、ちょっと皮が硬めでしたね。

ナイトマーケットの食事

イカも頼んで、もちろんビールも頼んで、全体的にはこんな食事になりました。
ウニ4つ、海老2つ、イカ、貝2つ、生春巻き、タイガービール2本で、600,000ドン(3,000円)ぐらいでした。

そんなに高くはないんですが、観光地なので相場よりは若干高いようです。
まあ日本でこれだけのシーフードを食べたと思えば、全然安くて満足ですね。

アイスクリーム屋さん

食事の後はマーケットの奥の方を散策。
アイスクリーム屋があったので、買ってみることにしました。
コールドストーンアイスクリームみたいな要領で、冷たい鉄板の上でアイスを伸ばしながら巻いてくれます。
味は数種類から選べます。

ロールアイスクリーム

アイスをロール状に巻いたものと、ヨックモックのかけら的なものがカップに入って30,000ドン。
食後のデザートにはちょうどいいですね。

胡椒屋さん

フーコック島は黒胡椒の産地でも有名なので、胡椒を少しお土産に買って帰りました。
胡椒屋さんの他にも特産品の真珠屋さんや洋服屋さんなんかもありました。

フーコック島に限らずアジアの島ではやっぱりシーフードがおいしいですね。

帰りはナイトマーケットの入り口付近でタクシーを捕まえてホテルまで帰りました。
とくにボッタクリなどはないです。

関連記事:フーコック島でサリンダリゾートホテルに宿泊

フーコックのナイトマーケット、夕食や食べ歩きにおすすめです。

▼リンク
フーコック島のグルメ・レストラン – トリップアドバイザー

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク