ウィンター・ガーデン@原美術館

20090712_05_s

「ウィンター・ガーデン 日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」を見てきた。
原美術館は好きな美術館のひとつ。
といっても、行ったのは2回目です・・・。まだ初心者。

寝すぎたため、15時ぐらいに原美到着。
なにやら若者達がいっぱいでそれなりに混んでいた。
ちょうど15時半から八木良太「VINYL」氷のレコードの再生パフォーマンスがあった。
僕が聴いたときは針がちゃんと進まず、同じところをリピートしてる感じだった。
それもアート。でもちゃんと音楽が鳴ってました。

気になった作家さん。&一言感想。

山本桂輔
油彩のほんわかした色合いがステキ。

杉戸洋
同じく淡い色彩がステキ。

国方真秀未
kaikaikikiっぽいと思ったら、そうだった。

工藤麻紀子
かわいいね。現代アートっぽいね。

宮島達男
「時の連鎖」って常設っぽかった。直島で見たのを思い出した。デジタルデジタル。

佐伯洋江
シャーペンですごく細かく描いてる。まさにシャープなペン。

千葉正也
「泣き頭」って作品、立体感が気持ちよかった。

ミュージアムショップで気になるグッズが色々あったけど、ぐっとこらえて
カフェダールでウィルキンソンのジンジャーエールで喉を潤し、退散。
鑑賞中に3箇所ぐらい蚊に刺されたので、夏の原美は蚊に要注意です。

「ウィンター・ガーデン」は7/20まで。

▼リンク
原美術館

コメント

タイトルとURLをコピーしました