あわせ鏡@Roonee 247 Photography

Roonee 247 Photographyで行われた4人の写真展「あわせ鏡」に行ってきました。

会場で感想を述べられなかったので、ここで。

・マスナリジュンさん
前回の展示「女性の美しさについての考察」とはまた全然違う感じで、リアルな新宿って感じ。
10年前の写真のようでもあり、10年後に見たらまた面白いだろうなと思う。
あれだけポートレイトを撮り続けていたらアーカイブとしても素晴らしいものになるんだと思う。
人を追い続けている、その情熱に心惹かれます。

・朝弘佳央理さん
心で写している、そんな写真。
隣り合う写真同士が繋がっている世界のようで幻想的でした。
何気ないシーンが美しかった。
ブログで拝見する詩的な文章は、僕の感性では到底追いつけない。

・黒耳 堂さん
地味なものを派手に撮るというか。光をあてるというか。
変わった感性の持ち主だと思う。
すごく器用だし。
なんであんな色が出るんだろうっていつも思う。

・(ク)ニヒトさん
こういうコンセプトの写真もあるのかーと勉強になった。
めいいっぱい光を感じる写真でした。
被写体の女性とのやりとりも想像させるほほえましさ。

4者4様、(もちろん自分には撮れない)すてきな写真ばかり。
「あわせ鏡」の文字通り、特に壁の対面同士が反射しあってる感じがして面白かった。
あれだけの展示をするには、すごくエネルギーのいること。
心から拍手を送ります。
そして彼らと知り合えたことに感謝。
大きな刺激をもらえました。

▼リンク
Roonee 247 Photography

スポンサーリンク