ブルックリンの1つ星レストラン「Luksus」に行ってきた

LUKSUS入り口

海外でミシュランの星付きレストランに一度は行ってみたいという思いがあって、2ヶ月半前ぐらいに予約して今回のニューヨーク旅行で実行しました。
ブルックリンはNassau Ave駅近くにある「Luksus at Tørst(ルクサス アット トースト)」という1つ星レストランに行ってきました。
2015年版ミシュランで初めて1つ星を獲得したようです。
シェフはデンマークの「NOMA(ノーマ)」で働いていたダニエル・バーンズ氏で創作ノルディック料理とビールのペアリングが楽しめる少し変わったレストランです。

「Tørst」というビアバーの奥に「Luksus」のお店はあります。「Tørst」の入り口自体も若干分かりづらかったです。
少し早く着きすぎて、どこで待っていればいいのか分からず、とりあえず「Tørst」の中に入って待っていました。
Tørstでは何も頼まなかったので少し手持ち無沙汰でした。
時間になったら呼ばれて奥のお店に入っていきます。自分たち以外の人は外で待ってるようでした。

BIKINI BEER

メニューは115ドルのテイスティングメニューのみ(2016年1月現在は125ドル)。それに45ドルのビールのペアリングをつけるかどうか。
もちろんペアリングにしました。
最初のビールは「BIKINI BEER」。
フルーティで華やかな香り。

テイスティングメニュー

メニュー1品目。
小さめのポーションで次々と出て来ます。
すべてのメニューについて覚えているわけでもなく、英語の説明もあまりよく理解できなかったので、ここからは写真のみで紹介。
店内はかなり暗かったので、かなり露出上げてます。

テイスティングメニュー

テイスティングメニュー

テイスティングメニュー

テイスティングメニュー

テイスティングメニュー

テイスティングメニュー

パン

テイスティングメニュー

テイスティングメニュー

Abbaye De Saint Bon-Chien

「Abbaye De Saint Bon-Chien」
スイスのビールで酸味があってワインっぽくもあります。

テイスティングメニュー

テイスティングメニュー

デザート

デザート。

デザート

メレンゲとブルーベリーのソルベ。
デザートは全部で3品出ました。

わりとお腹いっぱいになりました。
ビールは5種類だったかな。変わったビールが飲めたので楽しめました。
料理は見た目はどれも洒落ていましたが、全体的に味が濃いめで、酸っぱい味付けのものが多かったです。
独創的でおいしかったんですが、7割方酸っぱい味付けだったので、若干食傷気味になってしまった。
ビールも酸味があったり、デザートまで酸っぱかった。
チップなど含めて1人200ドルちょっとかかったので、もう少し味にバリエーションがあるとよかったかなと思いました。
まあ行ってみなければ、どんな料理が出てくるかも分からないし、これはこれで楽しい経験になりました。
また機会があれば海外でのミシュラン星付きレストランにチャレンジしてみたいです。

▼リンク
Luksus

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク