MacBook Pro 2013 Lateのバッテリー交換をAppleストアでしてもらった経験談

MacBook Pro バッテリー交換

僕が使っているMacBook Pro(2013 Late)のバッテリーがへたってきたので、アップルストアのジーニアスバーに行ってバッテリー交換をしてもらいました。

かなり古いモデルなので買い替える選択肢もありましたが、予算的な問題でバッテリー交換をして延命させることにしました。

バッテリーの劣化具合を確認

立ち上げてるソフトにもよると思いますが、バッテリーの減りがかなり速くなってきたなぁと感じていました。

スリープ状態でも1〜2日放置するとバッテリー残量が0になってしまったりして、結構不便な状態に。

あとは、OSをBig Surにしたら電池の減りが速くなったと感じました。

MacBook Proバッテリー修理サービス推奨

Macのステータスバーの右上の電池マークをクリックすると、「修理サービス推奨」の文字が出ていました。

バッテリーに関する重要なメッセージ

システム環境設定の「バッテリー」の項目を見ると「バッテリーに関する重要なメッセージ」で「バッテリーの容量が著しく低下しています。容量を回復させるには、修理サービスオプションをご確認ください。」というメッセージが出ていました。

バッテリーの状態詳細

バッテリー状態のさらに詳細は、システムレポートの「電源」の項目を見ると確認できます。

完全充電時の容量(mAh):4096
充放電回数:1411
状態:修理サービス推奨

となっていました。

ここの充放電回数は実際の充電回数ではなく、空っぽから満タンに充電した場合に換算した値だそうです。
この充放電回数が1,000回がバッテリー寿命の目安だそうです。

バッテリー交換方法

MacBookのバッテリー交換方法は、Apple公式だと以下の2つの方法があります。
・Appleストアに直接持っていく
・配送を依頼して取りに来てもらう

またApple公式以外で民間業者のサービスに修理依頼するという方法もあります。
公式より安価な場合もありますが、以後Appleでのサポートが受けられない場合があるのでご注意ください。

データが消える場合があるので、大事なデータがある場合はバックアップしておくことをおすすめします。

バッテリー修理の価格

Apple公式のバッテリー修理の価格ですが、僕のMacBook Pro Retina 13インチだと、19,800円(税別)でした。税込で21,780円です。
結構高いですね・・・。

詳しくはAppleの「Macの修理」のページをご覧ください。
https://support.apple.com/ja-jp/mac/repair/service#battery

予約してAppleストアに持ち込み

Appleストア渋谷のジーニアスバーを予約してMacBook Proを持ち込みました。

簡易診断をして、やはりバッテリーが劣化してますということだったので、交換を依頼しました。

データのバックアップはしてますか?と聞かれたのですが、面倒だったのでバックアップはしてなかったんですが、まあ大丈夫かなと思って「はい」と答えました。

MacBook Proの場合はバッテリーとキーボード部分が一体になっているので、キーボードも交換になるとのことです。キーボードも含めたパネルの部分を「トップケース」というらしいです。

修理日数が1週間かかると言われて、「えっ…長…」と思ったのですが、仕方ないですね。その間はMacなしです。まあ他のブログとか見たら2日で出来たという記事もあったので、早まるかなとは思いましたが。

あと、2013年モデルは古すぎてビンテージ製品なので追加部品の発注ができない場合があるので、修理後に別の問題が見つかった場合は、そのまま症状が悪化した状態での返却もあり得るとのことでした。

あと、修理後に自宅に発送することはできないと言われました。他のブログでAppleストアに持ち込んで修理後に自宅に発送してもらったというのを読んでいたので、「なぜ…」と思いましたが、店舗で修理するので、店舗から発送する手段がないと言われました。

「ん…店舗から発送する手段がないとは…??」と頭の中がはてなになりましたが、Appleストア店員はフレンドリーに適当なことを言うことがあるので、仕方なく受け入れました。

修理が終わったらメールがくるので店舗に取りに来てくださいとのことでした。

もしかしたら渋谷の店舗は自宅発送してくれないのかもしれません。

実際にバッテリー交換にかかった日数

年末の12/21(月)の午前中にAppleストアに持っていったのですが、修理完了のメールが来たのが翌日12/22(火)の19時ごろです。

一週間かかると言われたのが、翌日にはメールがきたので、かかった日数は1日です。
ハッタリでしたね。

その日は取りにいけなかったので、次の日に取りにいきました。

その場でシステムレポートの「電源」の項目を見て、充放電回数が1になっているのを確認して引き取り完了です。

2日でMacが戻ってきたので、作業にそれほど支障が出なくてよかったです。

交換後のバッテリーの状態

バッテリー交換後にシステムレポートの「電源」の項目を見ると、以下のようになっていました。

バッテリー交換後の状態詳細

完全充電時の容量(mAh):6609
充放電回数:1
状態:正常

バッテリー容量も増えてよかったです。

キーボードも交換で新品

キーボードも交換されてきれいになったので嬉しいです。
以前はちょっと塗装がハゲていたりしたので。

まとめ

というわけで、MacBook Pro 2013 Late のバッテリー交換をした経験談でした。

2万円ちょっとと少しお金かかりますが、「修理サービス推奨」の警告が出たら変えておくのがいいかなと思います。

日数は早ければ2日で終わります。

バッテリー容量も増えて、キーボードも新しくなったのがよかったです。

タイトルとURLをコピーしました