2009年1月に読んだ本

猫好きだという春樹さん訳の絵本です。
ほんわかとした物語。

現代的な文体で、僕は好きな感じ。
今の自分につきささる。
短編集なんだけど、作品によって作風が違う感じ。
「ベル・エポック」って話の、あるワンシーンではっとさせられた。
すぐ読めちゃうので、もう一回読んでもいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク