最近パンを焼いてます

今年に入ってからよくパンをつくっています。ほぼ毎週末つくっています。ホームベーカリーではなく、手ごねでつくっています。
きっかけはtwitterでフォローしている人でたまにパンを焼いている人がいて、パンって意外と気軽につくれるものなんだぁと思って、いつか自分でもつくってみたいなぁと思ったのがきっかけです。

初めて焼いたシンプルパン
↑初めて焼いたシンプルパン

今年のはじめに「かんたん手ごねパン―2つの生地だけで人気のパンが全部できた!」という本を買ってみて、それを見ながらつくっています。今では基本的な作り方はマスターして、かなり手慣れてきました。
クルミ&レーズンパンなどが定番メニューとなっています。

今までパンはパン屋さんやスーパーで買うことが普通で、自分でつくるという選択肢はほとんど考えたこともなかったのですが、自分でわりと簡単につくれるということが分かってからは全然買っていません。簡単に作れるといっても計2時間ぐらいかかります(その内半分以上は発酵させたり、焼いたりという時間で、自分は作業しない時間ですけど)。もちろんパン屋さんで買った方がおいしいのは分かっているのですが、自分でつくってもそれなりに満足できるパンが出来るので、買わないで自分でつくるようになりました。週末にその次の週に食べるパンをつくるようにしています。ごはんも食べるのでそんなにたくさんはつくらないです。

シンプル食パン
↑食パンもつくってみました。型に入れるだけで作り方は同じです。

最初はホームベーカリーを買おうかなと思ったこともあったのですが、買わなくて正解でした。場所を取るしモノが増えるしね。手でこねることによって愛着が湧くし、こねる作業で精神的に雑念が取り払われるという効果もあります。

くるみパン
↑よく作っているクルミパン。ドライフィグやカレンツ(レーズン)なども入れるたりする。

大げさかもしれないですけど、パンを自分でつくれるようになって、生きるためのスキルがひとつ身についたと思っています。小麦粉からパンをつくれるということはもちろん、つくったパンを売ることが出来るかもしれないし、パン屋さんで働くのが容易になるかもしれないし、パンづくりを知らない人に教えることが出来るかもしれないし、そういう意味でスキルを身につけるということは人生を少し楽にしてくれる効果があると思っています。
とにかく自分でつくったパンはおいしいです。

↓参考にしている本。初心者におすすめだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました