田窪恭治展 / MOTアニュアル2011@東京都現代美術館

東京都現代美術館で田窪恭治展MOTアニュアル2011を見てきました。

田窪恭治展は石畳のような鋳物のタイルが一面に敷き詰められてるのがよかったなぁ。
歩くとカラカラと金属のような音がするの。
MOTはどーんと広い空間使う展示が好きだったりする。
みかんや椿のドローイングも素敵でした。

MOTアニュアルで気になった作家さんは、冨井大裕、池内晶子、八木良太。
八木良太は原美術館で見た氷のレコードの人だったんだけど、今回はカセットテープのボール。
冨井大裕は低予算で面白いことやってるなぁという印象。

いつものごとく、ランチはレストランコントンにて、Cafe Haiでお茶をいただきました。

▼リンク
東京都現代美術館

コメント

タイトルとURLをコピーしました