SONY α6500を購入。作例あり。

SONY α6500とレンズ

2015年の12月にα6000を購入して、まだ1年しか経っていないんですが、2016年の12月にSONYの最新ミラーレス一眼であるα6500 (ILCE-6500)を買ってしまいました。
ソニーストアで発売日前に予約して買いました。
マイソニーIDを取得すると10%OFFで購入できます。

レンズは、α6000のダブルズームレンズキットの他に、この1年で単焦点レンズも3本購入してしまいました。
買った単焦点レンズは、以下の3つ。
Carl Zeiss Touit 2.8/12
Carl Zeiss Touit 1.8/32
SIGMA Art 60mm F2.8 DN
最近はマクロレンズがかなり欲しいです。レンズ沼にハマりかけてます。

α6500を買った一番の理由は、やはりα6000にはなかった機能である、4K動画とHD120fps動画、5軸手ぶれ補正です。
Youtube投稿もしているので、これで表現の幅が広がりそうです。

重量は少々重くなったけど全然気にならないレベルです。
写真の画質は正直α6000とあまり変わりません。
タッチパネルはピント合わせに便利かと思いきや、普段EVF使うのと誤タッチが多いのでOFFにしました。
電子水準器が付いたのはかなり便利。α6000になぜ無かったの?という機能なので。
AF性能やその他の細かいスペックアップはもちろん嬉しいけど、自分には分からないレベルです。
シャッター音はカシュッという感じの軽い音でした。

動画はまだあまり撮ってないんですが、4KとHD120fpsがやはりいい感じです。
時間がなくてなかなか編集できないんですが、旅の動画とか作りたいなぁと思います。

ほぼ5軸手ぶれ補正だけの違いですが、はやまってα6300を買わなくて良かったです。

作例

適当に撮った作例を載せておきます。
RAW現像+縮小済みです。

六本木の風景
12mm f13 1/200 ISO100 (Carl Zeiss Touit 2.8/12)

渋谷南口の交差点
12mm f6.3 1/80 ISO100 (Carl Zeiss Touit 2.8/12)

渋谷ヒカリエ
12mm f8.0 1/250 ISO100 (Carl Zeiss Touit 2.8/12)

表参道の家の広告
32mm f1.8 1/4000 ISO100 (Carl Zeiss Touit 1.8/32)

表参道
32mm f7.1 1/100 ISO100 (Carl Zeiss Touit 1.8/32)

夕暮れの電車の明かり
32mm f2.0 1/60 ISO2000 (Carl Zeiss Touit 1.8/32)

夕方の枯葉
32mm f2.2 1/60 ISO100 (Carl Zeiss Touit 1.8/32)

梅の花
32mm f5.6 1/160 ISO100 (Carl Zeiss Touit 1.8/32)

・関連記事:Carl Zeiss Touit 2.8/12を購入、作例あり
・関連記事:Carl Zeiss Touit 1.8/32を購入、作例あり

▼あわせて読みたい(一部広告含む)▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク