[台湾旅行] 九份へ日帰り小旅行

今回2泊3日というタイトな日程だったのですが、九份(ジウフン)にも行ってみたい!ってことで2日目の夕方に行ってみる事にしました。
バスはMRT忠孝復興駅1番出口を出てすぐのバス停から金瓜石行きのバスに乗ります。
切符とか買わずに飛び乗りOKで片道100元でした。
15時ごろバスに乗って16時ごろ九份に着く感じでした。
降りるときはみんな降りるし、バスの運転手さんも九份って言ってくれるのですぐ分かりました。

バスは路線バスなんですけど、車内がけっこう寒くて(暖房ないので)、高速道路を走るんですけど路面がけっこうガタガタで衝撃が体に結構伝わる感じでした。つまりあんまり快適ではなかったです。


週末だからか、めっちゃ混んでる!


とりあえず腹ごしらえに、なんかピーナッツとアイスクリームのクレープみたいのをもぐもぐ。(35元)
これ結構おいしかった。(花生捲加冰淇淋っていうんですね)


そして、つぶ貝3個で100元。つぶ貝好きなのです。
醤油っぽいタレにつけてくれておいしかった。


すごい太いエリンギも気になってしまったので購入。
大カップ100元。
つぶ貝と若干同じ味付けのタレっぽい感じがしたので、つぶ貝かエリンギどっちか一個でいいかも。
つぶ貝とは向かい合わせのお店です。


この観光地感たっぷりのストリートが気分上がります!

あと紅糟肉圓というのも食べてみたのですが、若干僕のお口には合わずでした。
でも僕は屋台的な食べ物が大好きなのでとても楽しめました。

千と千尋の神隠し的な雰囲気もあり、夜はまた灯りがともって雰囲気が出て、観光地らしい観光地でよかったです。

九份から台北へ戻るときは18時頃だったんですが、バス停らしき所で待っていたらタクシーの運転手に話しかけられ、別の台湾人2人組と「4人で1000元でどうだい?」みたいなことを言われたので、それに乗って2人で500元で忠孝復興駅まで乗せてってもらいました。
バスと比べると割高ですけど、タクシー内は結構あったかくてバスのように路面のガタガタが伝わることもあまり無くてすごく快適だったので、これはこれでアリだなぁと思いました。

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク