フーコック島でシュノーケリングツアーに参加

フーコック島3日目は現地のシュノーケリングツアーに参加することにしました。

ホテルでツアー予約

Salinda Resortホテルのフロントで前々日に予約しました。
直でツアー会社に予約するよりは高くつくけど、探したりするのが面倒なのでホテルで予約しちゃいました。

・関連記事:フーコック島でサリンダリゾートホテルに宿泊

シュノーケルツアーはSouthとNorthの2つのコースがあって、Southの方が少し高くていいポイントに行くということだったのでSouthを予約したのですが、その日はNorthにしか行かないということで結果的にNorthに行くことになりました。
一人660,000ドン(約3,300円)でした。

ツアー当日

朝ホテルまでバスで迎えに来てくれます。
「Flipper Diving Club」というツアー会社でした。

シュノーケリングツアーの船

船に乗り込みます。
前日のイカ釣りの船よりは一回り小さいかな。

船内

船内はこんな感じ。
ホワイトボードにお客さんの名前と潜るポイントが書かれていました。
インストラクターからの説明はすべて英語です。

スキューバーダイビングをする人たちとシュノーケルをする人たちが一緒で、インストラクター含めてスキューバーが8人、シュノーケルは20人ぐらいいました。
シュノーケリンググッズはもちろん無料で貸してくれます。足につけるフィンも貸してくれました。

もし他人が使ったシュノーケルが嫌な方はマイシュノーケルグッズを持参してもよいと思います。

潜るポイントに行くまでに、船でさらにお客さんをピックアップしていました。
途中で止まって小舟でホテルのビーチまでいってお客さんをピックアップしていました。なんかアジアっぽいですね。

シュノーケリング開始

Fingernail Island

こちらが第1ポイントの「Nail Island (Fingernail Island)」。
透明度はまあまあだったかな。
島の近くまでいくと魚がちらほら見えました。

スキューバーダイビングで飛び込む人

スキューバダイビングで飛び込む人。

海の中は緑色

一応安い防水カメラを持っていったので海の中で写真を撮ってみました。
カメラの性能がいまいちなせいか、肉眼で見るより透明度が低く写っている気がします・・・。
海の中はわりと緑色でした。

透明度はそこそこ

なかなかうまく写真が撮れなかったんですが、魚がいるところは結構たくさんいました。

Turtle Island

第2ポイントの「Turtle Island」。
やっぱり島の近くまで行くと透明度が上がって魚がちらほら泳いでます。

フーコック島付近

もう一回フーコック島付近で潜りました。
だいたい1つのポイントで30分ぐらい泳いでいました。

船上ランチタイム

ツアーのランチ

一通り潜った後はランチです。
水は無料で、ジュース、ビールは有料でした。

ビーフン、ご飯、青菜の炒め物、キッシュっぽいもの、チキン、厚揚げ、スープと盛りだくさん。
みんなで分けて食べますが、やはり量が多くて結構食べたんですが残ってしまうほどでした。
デザートにスイカが出ます。
船の上で食べるスイカはなぜかすごくおいしいんですよね。

感想

ツアーとしては結構スキューバダイビングの方がメインっぽくて、シュノーケルの人たちは勝手に泳いでいいよって感じでわりとほったらかしでした。

一応ライフジャケットは借りれるんですが、ライフジャケッットなしでもよくて、僕はジャケットなしでシュノーケルしたんですが、ほとんど地面に足がつかないところだったので、沈まないように維持するのが結構体力を使いました。
やっぱりライフジャケットは着用した方がお気楽ですね。

あと、貴重品やカメラなどを入れておくのに防水のバッグがあると便利です。
↓僕はこのバッグを持って行きました。

まとめ

透明度的には感動するほどでもなく、そこそこな感じでした。
タイのリペ島で行った時の方が透明度的にはよかったかも。
魚はまあまあいるんですけどね。

まあそれなりに楽しめて、価格もリーズナブルで、ご飯もおいしいし、行ってよかったです。

・関連記事:リペ島でシュノーケリングツアーに参加

▼あわせて読みたい▼


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク