Carl Zeiss Touit 1.8/32を購入、作例あり

Touit 1.8/32 E-mount

α6000用に単焦点レンズの「Carl Zeiss Touit 1.8/32 E-mount」を買いました。
明るい単焦点レンズが欲しいなーと思っていて、とりあえず画角は標準的で、ソニー純正の「SEL35F18」と迷ったのですが、なかなかα6000にこのレンズを付けてる人が見当たらなかったので、人柱的にも面白いかなと思ってカールツァイスにしてみました。
お値段はα6000のレンズキットが一台買えるぐらいですね…

カールツァイスTouit 1.8/32

仰々しい箱に入ってます。

α6000にTouit1.8/32を装着

α6000に装着してみたところ。
レンズフードを付けると結構長くなってしまいますが、いたしかたないですね。

「Carl Zeiss Touit 1.8/32 E-mount」は、焦点距離32mm(APS-Cに付けると35mm判換算で約48mm)の標準的な画角のレンズです。f1.8と明るいので暗い場所での撮影や、ボケ写真を撮るのに重宝しそうです。
α6000のキットレンズが16-50mm f3.5-5.6なので、キットレンズよりかなり明るい絵が撮れます。
絞り羽根枚数は9枚なのできれいな玉ボケにも期待です。最短撮影距離は0.3mです。

作例

いくつか写真を撮ったので、作例を紹介します。
すべてRAW現像後に縮小しています。トリミングはしていません。

コウモリラン
32mm F1.8 1/60s ISO 320

アボカドの芽
32mm F1.8 1/60s ISO 1250

梅の花アップ
32mm F1.8 1/4000s ISO 100

梅の木
32mm F11 1/125s ISO 100

梅の花アップ
32mm F6.3 1/200s ISO 100

猫と小島屋の看板
32mm F5.6 1/125s ISO 100

うさ耳ネコ
32mm F1.8 1/640s ISO 100

うさ耳ネコアップ
32mm F2.8 1/640s ISO 100

梅の花アップ
32mm F2.2 1/1250s ISO 100

だんご(海苔醤油とずんだ)
32mm F5.6 1/60s ISO 1000

三渓園
32mm F8.0 1/200s ISO 100

冬の多摩川
32mm F11 1/250s ISO 100

冬の多摩川(二子玉川方面)
32mm F13 1/160s ISO 100

さすがカールツァイスの単焦点レンズだけあって、パキッとした描写力の高い絵が撮れますね。
端っこまでクリアな描写力ですね。
ボケ味もすばらしい。
オートフォーカスも問題無しです。
夜景はまだ撮ってないので、試してみたいですね。
もっとどんどん写真撮ろうっと!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク